OjohmbonX

創作のブログです。

称号

 ヴヴヴヴヴヴと静かな授業中にいきなり音がしてああだれかの携帯電話が鳴っているんだなあと思った瞬間う゛う゛う゛う゛う゛う゛! なんて大声を出し始めたあほの内田.だれかの携帯電話のバイブレーションの音が鳴り止むとあほの内田のバイブレーションも止まった.教室にいる全員のきょとんとした視線を集めておきながらあほの内田は,え,私が何か,どうかしたんですか,なんてきょとんとして.だんだんざわつきはじめた生徒たちを収束させるためなのか興味があったのか先生が,何なの,とたずねればあほの内田は,何なのて何なのですかなんて顔でますますきょとんとするものだから,いやいやいやいや貴様が私の授業中に突然声帯を激しくバイブレートさせたことについてですよ何なの,なあんだそのことですかしかしそんなことをどうしてわざわざ,と一瞬怪訝そうな顔を作ってからあほの内田はやれやれなんて感じで滔滔と説明を始めたのであった.ご存知の通り物体の振動であるところの音,音波はオシロスコープなどを用いることで視覚化されこれを波形と呼ぶわけでありますが横軸により時間を縦軸により振幅,エネルギーの大きさを表現しました場合において横軸に線対称な波形つまり逆位相の波形を持つ音波を同時に発生せしめますれば互いに打ち消しあい音は感ぜられなくなることは広く知られている現象でありまして様々のことに供せられているのでありますが私もこの現象を利用し授業の妨害となる携帯電話のバイブレーション機能により生ぜられます音波を私の声によって消滅せしめようとしたのでありましたが周波数,振幅,波形ともに適切でないために結果としてより大きな騒音の生じたことは私として遺憾なことでありますが授業を快適ならしめんとする私の高級な愛のほとばしりは十分に感じていただけたかと.

広告を非表示にする