読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OjohmbonX

創作のブログです。

金メダルの輝きをもう一度

 スポーツ番組の収録中なのに、荒川静香イナバウアーがしたくてしたくて、うずうずしていた。
 ああもう野球とかサッカーとかどうでもいいじゃん。みんなは私のイナバウアーを見たいに決まってるんだし、私はイナバウアーがしたいに決まってるんだから、とにかく私にイナバウアーをやらせるべきじゃん。この糞夜中に視聴率とりたかったらイナバウアーっきゃないだろ。馬鹿だな。
「イナバ」
 お?
「稲葉の調子がここのところうなぎ登りですからね」
 掛布、このハゲ。まぎらわしい。一瞬反応しちゃっただろ。罪滅ぼしに視聴者に向かって詫びながら毛を自らむしれ。


「イナ」
 !
「イナモト! クーゥッ! き た ん で す! クーゥッ! クーゥッ!」
 カビラ。お前は罰として一生スグリの顔を見続けろ。健やかなる時も病める時もスグリの顔を見続けろ。


「それでは続きましてフィギュアスケートです。荒川さんお願いします」
イナバウアー!」
「え、荒川さん、何を、あの、浅田選手の特集を」
「そんなことより! イナバウアー!」
「あらか」
「みなさんいっしょに! イナバウアー!」


 荒川静香の姿はその後、テレビからもリンクからも消えた。
 世間は山本モナを許しても、荒川静香を許さなかったのである。