読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OjohmbonX

創作のブログです。

100人中でだれが知っている?

 合コンに来たけど女の人がこわいので隣のイケメンに話しかけたらイケメンは心もイケメンで俺みたいな草食キモ男子にもやさしくて地元の話になるとびっくりするほど俺の地元に詳しいし話は面白くて雑学もいっぱい知っててよく見たらタモリだった。俺はその夜、もちろんタモリに抱かれた。
「た、たもさん……たもさん……あおお〜〜っ!」
 昼になってようやく目を覚ますと、俺の横にはもうタモさんの姿はなかった。少し涙が出た。だめだ。笑わなきゃ。だって、笑っていいともの時間だもん。テレビをつけるとテレフォンショッキングの100人アンケートのコーナーだった。俺の知らない芸能人が今日のゲストだ。(彼が知らないだけで、どう見てもこれは安岡力也である。)タモさんの隣にいるゲスト(どう見ても安岡力也)と、二人をみている観客、そして視聴者……笑いが込み上げる。みんなは知らない、本当のタモさんを知っているのは俺だけだ。
「はい、じゃあ『私は本当のタモリを知っている』。スイッチ、オン」
 チャーチャチャッチャッチャッ チャーラッ チャーラッ
 チャーチャチャッチャッチャッ チャーラッ チャーラッ
 デュデュルブ、デュデュルブ、ズリョズリョズリョ……
「ああー、3人。残念」
「んぅん、いやんいやん。ストラップ欲しかったのにぃ、ショックですぅ」
「では次のゲストを紹介して下さい」
「「えー」」
「にしおかすみこさんを!」


「え、え、あたし、力也さんと面識な」
「やぁーすぅーおぅーかぁー……りきやだよっ! うふふ。これ、やってみたかったの」