読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OjohmbonX

創作のブログです。

おばあちゃんと5人の孫ども

「おばあちゃーん」
 ビュン、ビュンッ!
「おや、孫ども。どうしたんだい? おばあちゃんはいつでも孫どもの味方だよ」
 ボゴオォォ
 おばあちゃんはお部屋で野球の素振りをしているところだった。運悪く孫の一人の頭蓋骨がこなごなになった。不用意におばあちゃんに近づいた孫が悪い。自業自得だ。残り4人。


「おばあちゃーん。ぼくたちおばあちゃんの絵を描いたよ」
「まあ、とってもよく似てる。これも似てる。これもいいわ。でも、これは似てないね。あたしの眼は二重だよ」
「ぎゃあ」
 首をゴキッとされた。おばあちゃんを悲しませた孫が悪い。残り3人。

 
「おばあちゃーん」
「おやおや、あたしのここを嗅ぎたいのかい?」
「ちがうよちがうよ」
「またまたあ。さあ嗅ぎな」
「ぎゃあ。臭ぇ」
 死んだ。孫が悪い。残り2人。


「おばあちゃーん」
「死ねぇ」
 死んだ。孫が悪い。残り1人。


 最後の一人はこう考えた。こっちも最初から殺す気でいかなきゃ殺される。包丁を手にふすまを一気に開けた。
「おばあちゃーん」
 部屋には誰もいなかった。おばあちゃんは上空にいたのだ。爆撃機から太っちょの爆弾が落とされた。核爆弾だった。
 残り0。
 核の力はおそろしい。人類はこの悲劇を忘れてはいけない。すべて孫が悪い。
 だから、孫を、持たず、作らず、持ち込ませず。